バナー

二次会で用意するのがNGな景品

二次会の景品には、向かない物がありますので、それを選ばないようにすることが大切です。
気をつけておきたいのは、温度管理が必要となる物です。



飲み物は常温で管理しやすいですが、食べ物となると要冷蔵や要冷凍の物があるため、二次会の景品として用意すると面倒になるものです。


しかし、目録であればこういった食べ物でも用意できます。


その他に二次会の景品として向かない物といえば、個性の強いアイテムです。例えば、遊園地や映画は多くの人が利用する一般的な娯楽ですから、もらっても困ることはないものです。
しかし、マイナーなジャンルのチケットだと受け取っても微妙な感じになってしまいます。

これは、チケット以外でも言えることで、多くの人が食べないであろう、変わった味の食べ物を用意すると、なぜこんな物を用意したのだと思われてしまう恐れがあります。


もっと小規模でプライベートな集まりで、ギャグとして用意するならまだしも、二次会の席で用意する物としては適切とは言えません。

二次会を手軽に利用してみませんか?

その他、中古の物を二次会の景品として選ぶというのも好ましくありません。

使用感があるボロボロの物や傷がついていたり、ヒビが入っているような物が当たっても嬉しくはないでしょう。

ですから、間違っても古本屋やリサイクルショップなどで景品選びをしないことです。

新品の物であれば、参加者に不快な思いをさせることはないでしょう。

二次会の景品情報を利用してみませんか?

さらに、旬の物や流行りの物にすれば、喜んでもらいやすくなるものです。