バナー

参加者みんなが喜べる二次会の景品

結婚式の二次会のことになると、どうしても手が回らなくなりがちです。

新郎新婦は結婚式や披露宴の準備で式の前はとても多忙になります。


しかし、二次会をせっかく集まってくれた幼馴染の友達や学校の旧友、会社の同期など来てくれた感謝の気持ちも込めて二次会は開催したいものです。せっかく開くからには来てくれたみんなが楽しめる景品を用意する必要があります。



時間がない中でも誰もが喜べる景品選びには気を付けるようにしましょう。

まず、だいたいの出席者の人数が固まったら、必要になる景品の個数を把握しなければなりません。

全員に行き渡る物を選ぶか、一握りの人にだけ当たるようにするのか決めなければなりませんが、ここでポイントになるのは予算です。

もしも会費を高くするのであれば、もちろん高額な商品を用意することが出来ますし、当たる人数も増やすことが出来ます。


しかし、結婚式のお祝いを包んだ上に、高額な会費を支出するとなると参加して下さる方の負担になってしまいます。バランスが難しいところではありますが、二次会での食事や飲み物、会場費を引いた金額で捻出出来る範囲で景品は容易しなければなりません。



やはり、一番良い賞でも1万円前後の景品を用意するのが一般的でしょう。



金額は1万円から5千円、3千円ほどと金額をばらして用意することも大切ですが、女性でも男性でも誰もが貰って嬉しい物を用意することが重要です。


せっかく貴重な時間を割いて来ていただいている訳ですので、喜んで帰っていただけるようにしましょう。